木炭床下利用
健康住宅
人はもちろん住宅にも同じ自然環境が必要です。
窒息しそうな住宅環境設備はアレルギー等の現代病の原因です。
そこで、木炭利用を考えました。

 

 

効果は、
1.住まいに潜む湿気を吸着

2.ダニ、カビ、害虫を防ぐ
3.イヤな臭いを消す
4.ラドンや有害電磁波を遮へいする
5.家の耐久性が高まる

木炭床下利用施工写真

防湿コンクリート ~ 断熱材 厚さ50㎜ ~ 炭 ~                                                                                          捨張り杉板炭を床全面に敷き詰めました。

明るい・涼しい・暖かい部屋
健康・省エネ住宅
自然の光と空気を存分に取り込める気持ちのいい住まいで
高断熱高気密を実現しました。
大きく取った窓には二重サッシ、防湿床・壁、屋根の断熱を計り

 

明るく風通しのよい部屋
涼しい夏(冷房費の節約)
暖かい暖かい冬(暖房費の節約)を獲得しました。

耐震住宅
安心・安全住宅
建物の外周をぐるっと囲む外壁下地には、
構造用合板を使用
厚さ9㎜
3030×910

 

省エネ住宅
無落雪屋根を設置すると・・・・
「雨水・雪溶け水」は集められ、そして排水されます。
この雨水を再利用して
「節水=環境保護」に役立てようと考えます。

 

 

屋根に降った雨水の流れ

無落雪屋根で集められ、
いったんタンクなどに貯まった水は次のようなことに利用できます。
・トイレの洗浄水
・洗車
・植木、植栽、ミニ畑への散水
・防火用水